口腔内スキャナー(プライムスキャン)を導入しました|恵比寿の歯医者なら恵比寿一丁目小島デンタルクリニックへ

TOPICS

BLOGお知らせコラム

口腔内スキャナー(プライムスキャン)を導入しました

口腔内スキャナーとは

口腔内スキャナーとは、口腔の表面を三次元的に再現する機材です(サーフェススキャナー)。

患者の口腔内データを非接触でスキャンし、患者データをデジタルで取得したのち、コンピュータ断層撮影で得られたボリュームデータと組み合わせることにより、スキャン対象の3D画像を再現することができます。

 

プライムスキャンとは

プライムスキャンとはデンツプライシロナ社製の口腔内スキャナーの事です。

Primescan(プライムスキャン)」は、5倍のデータ量でスキャンタイムは他社と比較し約1/4に短縮。精度・操作性・スピードに優れた、次世代の口腔内スキャナーです。

 

歯科治療におけるプライムスキャンの活用法

従来は歯型を印象するのに、アルジネート(粘土のような物)を使用していましたが、臭いや粘土特有の不快な感触があり、吐き気を感じる患者さんも少なくはありませんでした。

プライムスキャンでは非接触・短時間で、デジタルの利点である精度・再現性に高いパファーマンスを発揮し、ハイレベルで患者さんの口腔内を再現できます。
そのため、セラミック治療のクオリティが今より格段に向上し、口腔内でセラミックを長く良い状態を保てるようになっています。

 

 

シュアスマイル矯正(マウスピース矯正)

上記のプライムスキャンを活用した治療の1つとして【シュアスマイル矯正】というものがあります。
これはプライムスキャンのデジタル3D 技術を使用するため精度がとても良く、なおかつ患者様ごとにカスタマイズが可能となっております。

従来のワイヤー式装置とは違いお時間を取らない治療になっておりますので、矯正をしたくても何度も来院をする時間は無い…というようなお悩みを抱えていた方にもオススメの治療法となっております。

 

 

シュアスマイル矯正(マウスピース矯正)の特徴

 

①粘土などでの型取りが不要

上記での述べた通り、プライムスキャンを使用すると従来粘土などで型取りをしていた工程が不要になり、ペン型のビデオカメラでお口の中の写真を撮影するだけで歯・歯茎・骨を3Dモデル化いたします。

 

 

➁マウスピースなので着脱が簡単

従来のようなワイヤー式の矯正装置ですと、ブラッシングがしづらい・装置が目立ってしまう・痛みがあるなど様々なデメリットがありました。
シュアスマイル矯正ではマウスピースを使用するため、短時間のお出かけやブラッシングの際に着脱が可能となっており、使用感の良さがあります。

 

➂治療の時間短縮

①でも述べた通り、型取りの段階でもカメラ撮影のみでしたり、治療過程でもマウスピースのためワイヤーを調整する必要もなくなり時間短縮になります。

 

 

まとめ

当院では矯正治療実績が数多くあり、お客様に合った治療方法を的確に診察することが可能です。
どの矯正治療を受けようかお悩みの段階である方も、ぜひ一度ご相談くださいませ。

 

院長 小島将太郎

院長

小島将太郎

経歴

2003
日本歯科大学卒業
2007
ICOI(国際口腔インプラント医学会)認定医取得
2009
近未来オステオインプラント学会(IPOI)認定医取得
2012
恵比寿西口デンタルクリニック開設
2013
歯学博士号取得
2014
近未来オステオインプラント学会(IPOI)専門医取得
2016
恵比寿一丁目 小島デンタルクリニックに改名

所属学会等

ページトップへ