小児矯正|恵比寿の歯医者|矯正歯科・インプラント・審美歯科が得意な恵比寿一丁目小島デンタルクリニックへ

Development

お子さんの健やかな
成長のための小児矯正

歯並びは見た目だけの問題ではなく、お顔の骨格的なバランスとも大きくかかわってきます。お子さんの成長とともに歯並びを整えていきましょう。

お子さんの歯並びで
このようなお悩み
ございませんか?

  • 出っ歯

  • 受け口

  • 咬み合わせが深い

  • 前歯の上と下が咬み合っていない

  • がたがたの歯並び

  • いつもお口が空いている
    「お口ポカン」

お子さんにこんな症状は
ございませんか?

  • 睡眠中よく口が空いている
  • 歯並びが気になる
  • いびきが多い
  • 日常的に口があく傾向がある
  • 猫背など姿勢が悪い
  • 寝相が乱れる
  • 鼻や耳の具合が悪い
  • 唇が切れたり、荒れることもある
  • 風邪をよくひく
  • 扁桃腺が腫れることが多い
  • おしゃぶりをはなしたがらない
  • そわそわして落ち着きがない
  • おねしょをすることがある
  • アトピー性皮膚炎の傾向がある
  • 喘息にかかったことがある
  • ひどいアレルギーがある

上記のような状態は、上顎の発達不良から来ている可能性があります。
気になる場合、お気軽に当クリニックにご相談ください。

歯並びが影響する健康被害

歯並びが整っていないと、ブラッシングが難しくなって食事の後の汚れを除去しにくいので、虫歯や歯周病のリスクが高まり、噛み合わせにも悪影響が出てきます。
歯並びが悪くなる原因の多くは、あごの発育が不十分で、歯が生える時にキレイに並ぶための適度な間隔が無いためです。この十分な間隔が無いと歯が重なったりしがちです。歯並びが整わないと顔のバランスも悪くなりますし、気道の確保が難しいので口呼吸するようになるケースが多いです。
日常的に口呼吸をしていると、体内に細菌が侵入するリスクが高まり、風邪をひきやすいなど、健康状態にも影響があります。

幼少時のうちに矯正することで歯並びの悩みを解決できます

矯正を行うことは歯並びを整えるだけでなく、お子さんの顔のバランスを良くすることにも影響します。顔の骨格は上下のあごの骨の発達に大きく影響を受けるからです。
当クリニックでは幼少時から矯正を行うことで上下のあごの骨が適正に成長するよう促し、歯並びだけでなく下あごの位置もコントロールしていきます。成長期に適正な処置を受けていれば、将来的に外科的治療や抜歯を伴う矯正を回避できる可能性が上がります。
矯正治療を始める時期はお子さんの発達の状況によって異なりますが、6歳くらいを目安に一度当クリニックにご相談いただければ、丁寧にアドバイスを致します。

発育矯正(口腔筋機能療法 MFT)とは

口腔筋機能療法(MFT)

歯の並び具合や噛み合わせの状態は、遺伝情報だけでなく日常のクセや生活習慣によって形成されていきます。指しゃぶりや飲み込むときに舌が前に出るクセがある場合、上顎前突や開咬などになりやすい上に、口呼吸が習慣になりやすく、口の周辺の筋肉の発達を妨げることがあります。
口腔筋機能療法(MFT)は頬、口唇、舌などを動かして口腔顔面筋を鍛えることで、顔の筋肉を適正に整える方法です。
これによって嚥下や咀嚼がスムーズになり、発音がしやすくなる、舌の位置の改善、口呼吸の防止などが期待できます。

口腔筋機能療法
(MFT)のための装置

プレオルソ

プレオルソは3歳から10歳くらいまでのお子さんのための矯正装置です。永久歯が生えそろっていない状態のお子さんに適用します。マウスピース型なので脱着が容易で、家にいる時と就寝時に装着するので、お子さんにとってストレスが少ない装置です。
プレオルソはワイヤーを使った矯正装置のような痛みを感じることが少ないので、お子さんに受け入れられやすい装置として利用されています。

  • メリット
    • 痛みが少ない
    • 軽い不正咬合に有効で、舌や唇の適切に使うように習慣づけができる
  • デメリット
    • 効果が期待できる時期に限りがある
    • 適切に使用しない場合、歯並びを悪くする可能性がある

T4K

T4KはTrainer For Kidsの略で、お子さんの口腔筋機能をトレーニングするためのマウスピース型の矯正器具になります。
装着する時間が短く、前歯や舌を正しい位置に戻し、口腔筋を鍛えていきます。
口腔筋を幼少期から整えると、様々なメリットが生まれます。
口腔筋を鍛えると口がしっかり閉じるようになるので、鼻呼吸促すようになり、鼻の中に入ってくるほこりや異物をフィルターにかけ、暖かい空気を肺に入れることができます。また、口が乾くことで起こりやすい虫歯菌の増殖を防ぐと言われています。

  • メリット
    • 噛み合わせ、歯並びを改善することができる
    • お口の筋肉(口腔筋)を鍛えることで鼻呼吸を促し、病気の予防をする効果を期待できる
    • 装着時間が1日の間で決まった時間と寝る時間だけと決まっている
  • デメリット
    • 装着するだけではなく、個別にお口のトレーニングが必要
    • 効果が出る時期に限りがある
    • うつ伏せ、頬杖などの癖があると効果が出にくい場合がある 

ムーシールド

ムーシールド(MUH Shield)は受け口(反対咬合)の状態を改善することを目的としたマウスピース型の矯正専用装置です。
多くのケースではお子さんが寝る時に付けることで改善効果を期待できます。
反対咬合の原因は、口や舌の周辺の筋肉が機能しにくいことから来ている例が多いですが、ムーシールドは筋肉の動きを正常にして反対咬合を改善します。
3歳くらいの乳歯の時期から使用ができます。脱着が容易なので、ストレスが少ない治療が可能ですが、お子さんの協力も必要となります。

  • メリット
    • 抜歯などの外科治療を必要としない
    • 費用負担が少ない
    • 人目につくときや食事中は外せるのでストレスが少ない
  • デメリット
    • 成長の過程で後戻りすることもある
    • 反対咬合のみを治療対象としている
    • 口や舌周辺の筋肉のトレーニングを併用する必要がある
    • 効果が出る時期に限りがある
ページトップへ