恵比寿一丁目
小島デンタルクリニック

総合歯科医療

当院が考える総合歯科医療とは?

1

顎の位置から総合的に判断

悪いところだけを診るのではなく、悪くなった根本原因まで探ります。
なぜなら、顎の位置が間違っていると命に関わる重篤な疾患につながる原因になるからです。顎関節が適正な状態にないと、24 時間割り箸を咬んでいるような不快なストレスが長く続きます。 このような重大なストレスにより、精神疾患や高血圧、心臓疾患、脳梗塞、がんなどの生命にかかわる原因となりうるという報告もあります。

正しい顎の位置があるように、咬み合せのための正しい歯の位置があります。それらを本来あるべき位置にすることから考えて診断していかないと、最も大事なプロセスを経ていかないで治療していくことになります。
家を建てる時、土台が正しくできていないと、いくらうわ物である住宅にお金をかけても、家の維持に何らかの問題が発生するのと同じで、正しい顎の位置、正しい咬み合せを作っていかないと、本来持っている健康な状態のお口の機能が生きてこないのです。

歯科医療の原点は、顎の位置を正しく設定し、調節、調整された咬み合せをつくることを患者様に実行していくことが肝心で、それが世界の歯科診療の大原則であるのです。クラウンもインプラントも、この考えからに基づいて治療をすれば、大きなトラブルは避けられるでしょう。

私たちは、まず、患者様の口腔環境を総合的に且つ精密に診断し、必要な情報、資料を採取いたします。治療にかかるその前に、その理由はどこにあるのか。見えない場所の状況はどうかを診査いたします。

「顎の位置」の診断、なぜ必要?

一般的な歯科診療というと多くの歯科医が、「はい。お口開けてください」と口の中だけを見て治療が始まります。しかし、我々が考える総合歯科医療は、歯の土台となる顎の位置こそ歯科治療の根本であると考えます。

家を建てる時を想像してください。土台や基礎が曲がっている場所に、いくら立派な建物を立てても、曲がった建物しか完成しませんよね?
顎の骨格・位置も、曲がったままインプラントを行うことで、曲がった歯が植えられることになります。

このような間違った治療が原因となり「何度も手術された」「数年でインプラントがダメになった」といったインプラントのトラブルが起こってしまうのです。
インプラントだけではなく、あらゆる口腔疾患において、口の中だけを見た治療をしてしまうと、様々な歯科トラブルが「再発」する原因となり、結果的に、肉体的にも精神的にも、金銭面においても患者様に多大なご負担になってしまいます。

顎の診断
  • 顎の位置は正しいか
  • 顎関節はどうか
治療前の診断の段階から、一人一人しっかり拝見いたします。
2

「再発」を防ぐ高度先進歯科医療

当院では、顎の位置から咬み合わせ、口腔内全体、1本の歯、歯根に至るまで、精密な診断をいたします。
この正確な診断に基づいた最善の治療計画を基に専門医の治療を受けていただければ、歯科トラブルの「再発」のリスクを抑えることができます。
当院には、他院で歯科治療を受けたにも関わらず、「再発」したために、ご相談に訪れる患者様が多くいらっしゃいます。
そのような患者様も、当院で「再発」の恐れのない最善の治療を受け、長年のお口の悩みを解消することができたというご満足の声を多くいただいております。

3

最善な診断結果からオーダーメイドで治療プランをご提案

患者様のご希望のご予算、治療期間などのご要望を反映させた安心・安全・最善の治療プランをご提案。
当院では、的確で精密な診断に基づいた最善の治療計画をたてるのは当然のこと、さらに患者様のご希望に応じたオーダーメイドで最高の治療方法をご提案しています。
患者様のご予算を含め、期待される結果、治療期間などのご要望を充分に伺った上で、オーダーメイドで最も理想的な治療計画をご提示いたします。

4

最最先端、世界水準の医療設備、医療用具

高度な治療技術、先進歯科医療を実現させるための医療設備、医療用具は、全て最先端、世界水準のものを採用。
岩本歯科グループでは、最先端で世界クラスの治療技術で最大限の結果を患者様に提供するため、ドクター、アシスタント、歯科技工士の技術力の高さだけでははなく、日本でも有数の医療設備を備えています。
また、ピンセットなどの医療用具1つから、充分に吟味した世界最高レベルのものを採用しています。
最高の技術力で最大限の結果をご提供するためには、すべてにおいて最高品質であることは必然的だと考えています。

5

最先端の歯科医療技術習得のための弛まぬ研鑽

高度な先進歯科医療を提供するために、当院では常に最先端の技術を取り入れるだけではなく、患者様からいただいたご要望にお応えできるよう、日夜研鑽を積み、技術の習得に努めています。
例えば、数々の国内外でのコース修了、入賞実績、海外より各分野の著名なスペシャリストとコラボレーションし、世界トップレベルのスキルとノウハウを蓄積しております。
研鑽の積み重ねにより、他院で治療不可能と言われたような難症例と呼ばれる患者様の手術も高度先進歯科医療により、当院では日常的に行うことが可能なのです。

来院から資料採得の流れ

STEP1.撮影

初診時の口の中と口元の写真撮影を行います。
口の中の写真撮影はとても重要で、初診時の状態を画像として保存することも、もちろんですが、診査診断を行う上でもとても重要になります。
患者さんご自身も客観的に、ご自分の口の中の状態を把握しやすくなります。

  • 笑った時の唇の過緊張やゆがみ、顔の色と歯の色のギャップや、歯と顔貌の調和がとれているかどうかなど、様々な事がわかります。

    ※院内で撮影した写真は、あくまで院内の資料として保存するものであり、外部に堤出するものではございません。
    加えて口腔内を撮影したものであるので、個人を特定する事は不可能でございますので、ご安心ください。

STEP2.プロービング 歯周ポケットの検査

歯周ポケットの計測によって、歯を支えている歯周組織の健康状態を把握します。歯周ポケットとは、歯とそれを支えている歯周組織の隙間のことですが、歯周ポケットが深いと歯周炎か歯周病の可能性があります。
炎症のある箇所はこのように出血します。これにより、炎症の有無がわかります。

※検査時に炎症の強い箇所は痛み・出血を伴う事が多いですが、もし痛みが強い場合は後日にするか、もしくは表面麻酔をしながら行います。非常に重要な検査項目と捉えているためご理解をいただきたいと考えております。
STEP3.印象の採得

上下の模型を得ることで、客観的に患者さん自身の歯牙の状態を確認する事ができます。顎の大きさ、骨の厚み、歯牙の長さや幅など、これらの模型で多くのことがわかります。
診査診断を行う上で、非常に重要なステップとなります。

STEP4.フェスボウトランスファーの採得

この作業によって、先ほど採得した模型を患者さん自身の顔貌にあった器械に装着することが出来ます。これにより、上下の噛み合わせの状態が把握でき、かつ歯の左右のゆがみや正中のゆがみなどもわかります。


STEP5.パノラマ写真

パノラマX線写真により、口の中の全体的な状態が把握できます。
特に、骨格の形態、歯根の長さや傾斜方向、連続的な歯槽骨のライン、根尖病巣の有無などもわかります。


STEP6.デンタルX線写真

STEP5では、口の中の全体像のレントゲン写真を撮影しましたが、より1本1本の歯の詳細なレントゲン写真を撮ります。
金属との適合状態や、虫歯の有無、歯石の有無、歯根の状態など、様々なことがわかります。


STEP7.顎関節規格写真(オプション)

顎の関節に症状があったりする場合は、顎の動きをみるためのレントゲン写真を撮影します。
口を閉じたときと、開けたときの顎の動きを撮影することで、関節の形や動き、対称性などがわかります。
※この検査は必要に応じて行います。


STEP8.シュミレーション(オプション)

実際に噛み合わせや形態をどのように修正したらバランスがよくなるかどうかを、模型上でシュミレーションしていきます。 ※この検査は、別途料金がかかります。必要に応じて行います。


STEP9.カウンセリング

現在の状況をご説明し、改善が必要であれば、今後どのような治療が必要であるか、またそれにかかる治療期間や費用など、さまざまなお話をし、患者さんと一緒に、治療のゴールを設定していきます。
治療を行う前に、それぞれのことを明確にすることで、より治療がスムーズになります。


  • TEL:03-6277-2150

    診療時間:午前:10:00 ~ 13:30 / 午後:15:00 ~ 20:00
    (※土曜日は18:00まで)※日曜・祝日
    住所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-7-11 吉原ビル2階
    アクセス:JR山手線・JR埼京線・東京メトロ 恵比寿駅 徒歩3分