渋谷区恵比寿の歯医者 歯の役割

こんにちは。

渋谷区恵比寿一丁目 小島デンタルクリニックの院長、小島将太郎です。

歯の役割とは何でしょうか。最初に思い浮かぶのは、食事をする時の「噛む」ということだと思います。

歯には食べ物を「噛む」以外にも様々な役割があります。

今回は歯の役割について書きますね。

 

1.食べものを噛み砕く

食べものを噛むことで飲み込みやすくし、胃や腸などでの消化を助けます。

良く噛むことで食べ物の吸収が良くなり、健康な身体へとつながっていきます。

2.味覚を豊かにする

味覚を豊かにするのは、舌だけでなく、歯も大切な役割をしています。

噛むことによって、「歯ざわり」「歯ごたえ」といった食感を感じることができます。

また、食感により、食べられるものと食べられないもの(たとえば、石や砂など)を判断し、

体内に異物が入らないようにする役割もしています。

3.発音を助ける

唇や舌と同じように、歯にも発音を助ける役割があります。

歯が抜けてしまっていたり、前歯に大きな隙間があったりするなど、

歯並びに問題がある場合は、きちんとした発音がしにくくなったりします。

4.表情を作る

歯があることで、口の周りの筋肉は正常に働きます。

歯を失ってしまうと、口の周りの筋肉が衰え、顔つきが変わったりしてしまいます。

笑顔になった時の第一印象にも影響を与えます。

5.姿勢や体のバランスを保つ

歯が抜けたり、虫歯などで歯の状態が悪くなったりすると、噛み合わせが変わってしまいます。

噛み合せが悪くなると、頭痛がしたり、姿勢が悪くなって肩こりになるなど、

身体に影響が出てしまいます。

 

このように、歯には食べ物を噛む以外にも様々な役割を担っています。

 

では、具体的にそれぞれの歯がどのような役割をしているのかについて見てみましょう。

 

前歯4本の役割

・食べ物を噛み切る

前歯を失ってしまうと、食べ物を噛み切ることができなくなり、消化も悪くなります。

また、常に奥歯を使うことになるので、奥歯の負担が大きくなってしまいます。

・きれいな発音で話す

前歯を失ってしまうと、空気が抜けてしまうので、発音しにくくなります。

・笑顔を美しく見せる

一番目立つ場所にあるので、見た目の美しさに影響を与えます。

<犬歯、小臼歯の役割>

・食べ物を切り裂く

・噛み合せの位置とあごの動きを正常に行う

犬歯と小臼歯は噛み合わせの位置を決め、あごの動きの基本になる歯です。

犬歯や小臼歯を失ってしまうと、噛み合わせが不安定になり、

左右のあごの動きのバランスが崩れてしまいます。

<大臼歯>

・食べ物をすりつぶす

前歯で噛み切った食べ物をすりつぶしたり、細かくしたりします。

大臼歯を失ってしまうと、噛む力は低下し、食べ物を細かくできないので、

消化器官の負担が大きくなります。

・噛み合せを安定させる

大臼歯を失ってしまうと、噛み合せるはずの歯が無くなってしまい、

他の歯の位置を狂わせてしまうといった影響が出てきます。

 

どの歯にも大切な役割があります。

虫歯や歯周病で歯を失うことにならないように、毎日しっかりケアをし、

歯医者さんでも検診を受けましょう。

 

歯に関して相談があれば、お気軽に無料メール相談、またはお電話下さい。

お電話の場合、空いたお時間に20~30分程度の無料相談も受け付けております。

 

東京都渋谷区恵比寿1-7-11 吉原ビル2階

恵比寿一丁目 小島デンタルクリニック

03-6277-2150

http://www.ebisu-west.com/

恵比寿1丁目交差点のビル2階、恵比寿駅から徒歩3分の歯科医院です。

 

渋谷区恵比寿の歯医者 虫歯になりにくい歯にするために

こんにちは。

渋谷区恵比寿一丁目 小島デンタルクリニックの院長、小島将太郎です。

前回は虫歯になりやすい人となりにくい人の違いについて書きました。

今回は虫歯になりにくい歯になるために,どういうことに気を付ければよいかについて書きますね。

1.規則正しい食生活をしましょう。

口の中を中性に保つ時間を長くできるように、なるべく間食を控えましょう。

口に食品をいれると、甘いものではなくても口の中が酸性になってしまいます。

これは虫歯菌の仕業で、糖分を栄養分にして活発に酸を放出しています。

この酸により、歯が溶ける現象が『虫歯』なのです。

 

糖分というと砂糖をイメージしますが、他にも麦芽糖、ブドウ糖、果糖など、様々な形で存在しております。

特に甘いものを食べても問題ありませんが、

間食として食べるのではなく、食後のデザートとして食べると良いでしょう。

なぜなら酸性になる時間を短くできるからです。

食後にブクブクうがいをすることも虫歯予防には大切です。

2.口の乾燥を防ぎましょう。

唾液には、酸性に傾いた口の中の環境を、中性に戻す働きがあります。

これを緩衝能と言います。

よってストレスや緊張は唾液の分泌が減少してしますと、虫歯になるリスクが増加します。

心身共にリラックスすることで、唾液の分泌量を正常に維持しましょう。

 

口呼吸をする癖のある方は、口が乾燥しやすくなります。

耳鼻科を受診するなどして、改善するようにしましょう。

3.正しい歯磨きの仕方を身につけましょう。

力を入れすぎず、一本一本時間をかけて丁寧に磨くことが大切です。

特に寝る前は意識してしっかり磨きましょう。

デンタルフロスや歯間ブラシを併用するとさらに効果的です。

 

歯磨きの癖は人それぞれで、きちんと磨いていると思っていても、磨き残しがあったりします。

歯並びによっても磨き方は違ってきます。具体的にどのように磨けばよいか、

直接歯医者さんで教えてもらうことをおすすめします。

4.フッ素を取り入れましょう。

フッ素は科学的に証明されている虫歯予防方法です。

北欧は歯科医療の先進国ですが、当然のように使用されています。

フッ素は、歯医者さんで塗布することができます。

また、普段使っている歯磨き粉をフッ素入りのものにしてもフッ素の効果が得られます。

フッ素の成分が洗い流されないように歯磨き後のうがいは軽めにするようにしましょう。

フッ素洗口剤を使うのも良いでしょう。

5.歯の定期検診を受けましょう。

 

定期的に歯医者さんで検診を受けることで、初期の虫歯を早期発見することもできますし、

歯磨きのアドバイスももらえます。

またセルフケアのみで、虫歯菌の量を減らすには限界があります。

プロのケアと併せて行う事で、口腔の健康は保たれます。

 

食生活の見直しや、正しい歯磨きの仕方など、日常生活で気を付けていれば

虫歯になりにくい歯にすることができます。

 

虫歯予防に関して相談があれば、お気軽に無料メール相談、またはお電話下さい。

お電話の場合、空いたお時間に20~30分程度の無料相談も受け付けております。

 

東京都渋谷区恵比寿1-7-11 吉原ビル2階

恵比寿一丁目 小島デンタルクリニック

03-6277-2150

http://www.ebisu-west.com/

恵比寿1丁目交差点のビル2階、恵比寿駅から徒歩3分の歯科医院です。

渋谷区恵比寿の歯医者 虫歯になりやすい人となりにくい人は何が違う?

こんにちは。

渋谷区恵比寿一丁目 小島デンタルクリニックの院長、小島将太郎です。

歯磨きしているのに虫歯になる・・・自分は虫歯になりやすい体質なのだろうか

と思っていらっしゃる方はいませんか。

虫歯になりやすい原因の多くは生活習慣にあります。

今回は虫歯になりやすい人となりにくい人の違いについて書きますね。

 

1.間食が多い

 

食事により口の中が酸性になり、その酸によって、歯の表面のエナメル質が溶けて

虫歯になると言われています。

唾液は酸性になった口に中を中性に戻したり、酸によって溶かされた歯のエナメル質を再石灰化して

元に戻したりする働きをしています。

間食が多くなると、酸を中和するのが間に合わなくなって、口の中が酸性に傾いてしまい、

歯のエナメル質を溶かしてしまうのです。

 

2.食生活

砂糖の多い甘い食べ物、歯にくっつきやすいスナック菓子、

糖分の多く入ったスポーツ飲料やジュースは虫歯になりやすくなります。

酸味の強い柑橘系の果物も口の中を酸性にし、

エナメル質を溶かしやすく、虫歯になりやすくなります。

 

3.唾液の分泌量

唾液は、口の中を中性に保ったり、細菌感染を防いだりして、

虫歯予防においてとても大切な働きをしています。

唾液が少なくなると、虫歯になりやすくなってしまいます。

ストレスや緊張によって唾液の分泌が減少することがあります。

また、口呼吸をしていると、口の中が乾燥するので、虫歯になるリスクも高くなってしまいます。

 

4.歯磨きの仕方

 

時間をかけてしっかり磨くことが虫歯の予防になります。

寝ている間は、唾液の分泌量が減り、最も虫歯になりやすい時間帯です。

歯磨きをきちんとしているのに、虫歯になってしまうという人は、

特に寝る前の歯磨きをしっかりするようにしてみましょう。

 

5.歯並び

歯並びが悪い場合、歯ブラシが届かなかったりして、うまく磨けない部分が出てくるので、

歯並びの良い場合と比べて虫歯になりやすいと言えます。

また、でこぼこしていると唾液が歯全体に行き渡りにくいため、

唾液による虫歯予防効果も薄れてしまいます。

 

6.虫歯菌の多さ

赤ちゃんは虫歯菌を持っていませんが、同じスプーンを使うなどして、

幼少期に家族から感染することがほとんどです。

感染する年齢が低いほど虫歯菌が多くなり、虫歯になりやすくなると言われています。

 

虫歯予防に関して相談があれば、お気軽に無料メール相談、またはお電話下さい。

お電話の場合、空いたお時間に20~30分程度の無料相談も受け付けております。

 

東京都渋谷区恵比寿1-7-11 吉原ビル2階

恵比寿一丁目 小島デンタルクリニック

03-6277-2150

http://www.ebisu-west.com/

恵比寿1丁目交差点のビル2階、恵比寿駅から徒歩3分の歯科医院です。

 

渋谷区恵比寿の歯医者 セラミックに関して

こんにちは。

渋谷区恵比寿一丁目 小島デンタルクリニックの院長、小島将太郎です。

虫歯治療をしたときに、詰め物の説明をされ、

セラミックにするか、銀歯にするか迷ったことはありませんか?

セラミックに興味はあるけど、高いので結局銀歯を選んでしまったということもあると思います。

銀歯は口の中で目立ったり、虫歯になりやすかったり、

金属アレルギーの人は使えなかったりというデメリットがあります。

今回は詰め物をセラミックにするメリットについて書きますね。

 

セラミックのメリット

 

1.審美性が高い

セラミックは透明感のある素材なので審美性が高く、天然の歯と同様の美しい仕上がりにできます。

変色もしにくく、周りの歯と調和した自然な仕上がりを維持できます。

銀歯のように目立つことはありません。

2.虫歯になりにくい

銀歯は劣化すると、くっついている歯との間に隙間ができ、そこから虫歯ができやすくなります。

セラミックは歯と密着しやすく、劣化しにくいので、隙間から虫歯になる心配がありません。

3.歯茎が黒くならない

銀歯を入れると金属が次第に溶け出して、歯茎が黒くなってしまうことがあります。

人によっては金属アレルギーを起こす人もいます。

セラミックは溶け出す心配はありません。

4.汚れがつきにくい

銀歯の表面は小さな傷がつきやすく、その傷の中に細菌が詰まってしまいます。

歯を磨いても、傷の中の細菌は取れません。

セラミックは銀歯と比較すると汚れがつきにくく、

また傷がつきにくいように表面をコーティングしてあります。

5.精度が高い

銀歯は手作業で作るので、誤差が生じ、歯と金属の間に隙間ができてしまう可能性があります。

隙間があると、汚れがたまりやすく、そこから虫歯になってしまいます。

セラミックはパソコン上で作った形を機械で作成するので、誤差がほとんどなく、

ぴったりと隙間なく合わせることができます。

 

セラミックにするメリットはたくさんありますが、注意する点もありますのでご紹介します。

1.費用が高い

セラミックは保険外診療のため、費用が高くなります。

しかし、審美性が高く、劣化もしにくく、虫歯になるリスクが低いことを考えれば、

費用は高いですがメリットが大きいと言えます。

2.欠けたり割れたりすることがある

 

セラミックは陶器と同じ素材でできているので、

汚れがつきにくく劣化しにくいというメリットがある一方、

強い力が加わると欠けたり割れたりすることがあります。

食いしばりや、歯ぎしりをしてしまう人は注意が必要です。

しかし、ナイトガードというマウスピースを就寝中につければ、セラミックを守ることができます。

最近では、セラミックの材質に強度が加わっているので、

欠けたり割れたりすることも少なくなりつつあります。

セラミックにも種類があり、用途にあわせた材質を選ぶことが出来ます。

 

セラミックに関して相談があれば、お気軽に無料メール相談、またはお電話下さい。

お電話の場合、空いたお時間に20~30分程度の無料相談も受け付けております。

 

東京都渋谷区恵比寿1-7-11 吉原ビル2階

恵比寿一丁目 小島デンタルクリニック

03-6277-2150

http://www.ebisu-west.com/

恵比寿1丁目交差点のビル2階、恵比寿駅から徒歩3分の歯科医院です。

 

渋谷区恵比寿の歯医者 歯を白く保つ方法について

こんにちは。

渋谷区恵比寿一丁目 小島デンタルクリニックの院長、小島将太郎です。

白い歯に憧れている方は多いのではないでしょうか。

確かに、歯は第一印象でとても大事だと思います。

 

しかし、毎日しっかり歯を磨いていても、

だんだん歯が黄ばんできたという方が大半ではないのでしょうか。

歯が黄ばむ原因は、

・飲食後の歯の汚れや「ステイン」と呼ばれる食べ物や飲み物に含まれている色素の着色

・加齢によるもの

があります。

加齢による変色は個人差があり、歯磨きなどで防ぐことは難しいですが、

飲食後の汚れやステインは、毎日の習慣で気を付けることができます。

今回は歯を美しく白く保つためにできる生活習慣について書きますね。

1.食後、しっかり歯を磨く

 

歯に着いたばかりのステインは、歯磨きやうがいにより落とすとことができます。

食後、早めに歯磨きすることをおすすめします。

2.色の濃い飲み物や食べ物に気を付ける

 

コーヒー、紅茶、ウーロン茶などのお茶や、ワインなど色の濃い飲み物、

カレー、ケチャップやソースなどの色の濃い食べ物はステインが付着しやすいので注意が必要です。
こうした食品を口にしたときは、すぐに歯磨きすることが理想です。

歯磨きが難しい場合は、うがいをするだけでもいいですし、水を飲むだけでも違います。

水を飲むときは口全体に水がいきわたるように意識して飲みましょう。

3.禁煙する

 

たばこのヤニは、ステインとは全く違うもので、毎日の歯磨きでは落とすことが難しいです。

歯医者さんでホワイトニングしても、たばこを吸うとまたすぐに黄ばんでしまいます。

4.歯医者さんに行く

 

定期的なデンタルケアをおすすめします。

普段の歯磨きでは取れない汚れをきれいに取ってもらいましょう。

歯のホワイトニングをご希望の方は、当院ホームページの「歯を白くしたい方はこちら」をご覧ください。

 

デンタルケア、ホワイトニングに関して相談があれば、お気軽に無料メール相談、またはお電話下さい。

お電話の場合、空いたお時間に20~30分程度の無料相談も受け付けております。

 

東京都渋谷区恵比寿1-7-11 吉原ビル2階

恵比寿一丁目 小島デンタルクリニック

03-6277-2150

http://www.ebisu-west.com/

恵比寿1丁目交差点のビル2階、恵比寿駅から徒歩3分の歯科医院です。