渋谷区恵比寿の歯医者 ラミネートべニア (症例、費用)

こんにちは、
渋谷区の恵比寿一丁目 小島デンタルクリニックの
院長 小島将太郎です。

今日はラミネートベニアのお話です。

50代 男性 主訴 前歯が左右非対称なのが気になる。色が汚いので綺麗にしたい。歯茎の色が黒いのも気になる。 職業 広告代理店勤務

(術前)



 

(術後)



 

患者様の主訴を改善する事は当然としても、患者様の予想を遥かに超える美しさに感嘆の声を発していらっしゃいました。 また、ご希望の中に、天然歯はあまり削りたくないとの事でしたの、歯の削除量の少ないラミネートべニアを使用する事といたしました。 ラミネートベニアは、歯の表面を一層(0.5~1.0mm)削合し、そのスペースにセラミックを張り付ける方法です。 デメリットは薄いセラミックを使用しますので、元の歯の色が反映してしまうことです。 元の歯が白い場合は良いのですが、黄色い場合は、セラミックに黄色が出てしまいます。 そこで、歯を作る際に、疑似支台というのを作成し、色味を合わせていきます。

(疑似支台)



 



 

患者様、歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士、歯科受付がそれぞれの仕事を正確に行う事で、このような結果を導くことができます。 治療期間は約6か月 治療費用に関しては、下記URLをご参照ください。 http://www.ebisu-west.com/price.html 詳細につきましては、ご来院時にご説明いたします。 03-6277-2150    

恵比寿のインプラント専門医 

今年の4月に、私の所属する近未来オステオインプラント学会(http://info.ipoi.biz/)の専門医試験を受けました。

この試験は、大変難易度が高く、インプラントの経験年数、症例数、筆記試験、等々、日ごろの臨床を

学会の指導医達の前でプレゼンしなければなりません。

おかげさまで合格し、先日下記の物を頂戴しました。



 

ICOIの認定医に続き、2つ目の肩書ができました。

ますます、精進してまいります。

 

渋谷区恵比寿の歯医者 前歯のセラミック治療(症例、費用)

こんにちは、
渋谷区の恵比寿一丁目 小島デンタルクリニックの
院長 小島将太郎です。

今日は前歯のセラミックについてお話しします。

30代 男性 主訴 前歯を綺麗にしたい 職業 IT関連

(術前)



 

(術後)



 

セラミックをかぶせて見た目を改善させるためには、そこ至るまでに様々な治療を行っております。
 
例えばこの症例の患者様は、大きくて深い虫歯がたくさんありました。
 
また喫煙者である為、歯肉のメラニン色素沈着と、歯に黄ばみ、黒ズミが散見されました。
 
当クリニックの治療方針MTM(メディカルトリートメントモデル)に則り、まずはリスクアセスメントを行います。
 
その後、初期治療に移行してまいります。
 
初期治療の最大の目的は、患者様がご自身の口腔内の状況を理解され、ご自身で口腔の健康を守れるようになることです。
 
我々はそのお手伝いをしてまいります。具体的には、歯石除去、ブラッシング指導です。



 

その後、患者様の知識・ブラッシングスキルがある一定レベル(ご自身でご自身の口腔の健康を守れるレベル)になりましたら、
 
治療に入ります。
 
治療費用に関しては、下記URLをご参照ください。
 
http://www.ebisu-west.com/price.html
 
詳しくは、ご来院時にご説明いたします。

歯科医の虫歯治療

歯科医の虫歯治療はいったい誰がするのでしょうか??

疑問に思われた方はいらっしゃいませんか?

歯科医も人間ですので、虫歯に罹患することが、ごく稀にあります。

その際は、自分で治療するのでしょうか・・・・

歯の事を知り尽くしている歯科医でさえ、自身の口腔内は細部まで見ることが出来ません。

やはり人に治療してもらうしかありません。

 

ところが、これが難しいのです。

 

なぜなら、自分の治療方法や治療技術に自信を持って、日々診療を行っている歯科医にとって、

技術の習熟度が分からない、治療方法も使用材料も違うDrに治療を任せるのは、怖いことなのです。

ですから、よほどの信頼が無ければ、自分の口腔内の治療を任せることはできません。

 

そういう事情なのですが、最近の私は、歯科医から治療を頼まれることが多くなってきました。

私の治療内容、手技、治療に対する考え方、使っている材料まで、絶対的な信頼がなければ

歯科医師から治療を頼まれるという事は、ありません。

しっかりと治療していきたいと思います。

 

ただ通常の診療時間外に治療することが多く、残業が増えてしまう事が、難点です(^_^;)

 

 

 

審美治療って? いったい何??

世間で審美治療という言葉をよく耳にすると思います。

では審美治療って何なのでしょうか?

セラミックを入れて、真っ白い歯にしたら審美治療でしょうか?

ジルコニアを使ったから良いのでしょうか?

e-maxを使用したから良いのでしょうか?

 

私の考える審美治療は、患者様の希望・思い・年齢・職種・性別・肌の色・歯肉の色・周りの歯との調和・機能性・耐久性‥等、

多くの要因を加味しながら、見た目が美しく、機能的で丈夫で長持ちする治療が、審美治療だと思っています。

だとするならば、私のその他の治療も、全て審美治療という事になります。

 

審美治療に決まった答えや決まりは無く、患者様と答えを模索し、一緒に導き出していくのだと、私は考えています。

 

下記の患者様は歯形を直し、白くしたいというご希望でした。

年齢は30代後半



 

どうでしょうか?

汚いですか??

決して醜くはありません。

多少の脱灰によるホワイトスポットと、神経が無いことによる変色、全体的に日本人特有の黄色掛かった歯の色。

この患者さんが本来持っている特徴です。肌の色や歯肉の色と同じく、DNAで決められているのです。

白くするにも限度がありますよね。。。

でも患者様は、形を変え、白い歯が欲しいのです。

 

下記は治療後の写真です。



 

ホワイトニングをして全体の色のトーンを上げて、

オールセラミックスで修復しました。

健康な歯を削り、わざわざ人工物に置き換えました。

患者様は喜んでいます。

結果は良かったのでしょう。

でも、健康な歯は2度と戻ってきません。

何度も患者様と話し合い、歯を削ることのデメリットを伝えました。

しかし、患者様はどうしても白い歯が欲しかったのです。

審美治療のゴールに正解や決まりはありません。

患者様の希望と、歯科医師の知識・技術に裏打ちされ医療理念とのセメギアイで、答えを導き出すしか無いからです。

 

因みに、この患者様は次回は、もっと白い歯にやり直すそうです。

人間の欲望は果てしない・・・・・

そこにブレーキをかけるのも、歯科医師の仕事だと思います。

 

根の治療

歯には見えている所(歯冠)と、見えないところ(歯根)の部分があります。

顔が腫れたり、眠れないほど痛い場合は、多くの場合が歯根の先に膿が溜まっています。

下記の患者様はまさに、激痛と尋常ではない尋常でない顔の腫れでご来院されました。

初診は2013.03.04です。

治療に際し、歯に被せてあった金属を外して、写真を撮ってみました。

すると、膿と血液が混ざった液体が大量に噴出してきました。



 
お分かりいただけますでしょうか??

当日のレントゲン写真です。



 

歯根の先が丸く黒くなっているのがお分かり頂けると思います。

これが歯根の先、顎の骨の中に出来た膿の袋です。

どんどん中で膿や血液が溜まってきて周りの神経を圧迫するのですから、尋常ではない痛みであることは想像できますよね。

治療していく中で、どのように膿の袋が小さくなり、顎の骨が再生してくるかレントゲン画像で観ていきましょう。

2013.12.12



 

2014.04.16



 

だんだん根の先の黒い部分が消えてきてますね

2014.10.02



 

2015.05.27



 

ほとんど、歯根の先の丸く黒い部分が消えたのがお分かり頂けると思います。

膿が無くなり、顎の骨も再生し、治ったという事です

根の中の白い部分は、根充剤と言いまして、根の中の管(根管)を密閉・封鎖させるための薬剤です。

その他の白い部分は人工の歯です。(銀歯やセラミックはこのようにレントゲンで映ってきます)

 

このように、顎の骨が溶けてしまうと完治するまでに、時間と根気が歯医者と患者様、双方に掛かってきます。

この患者様には大変頑張っていただいたおかげで、良い結果が出たと思います。

約2年掛かりました。

みなさまも、こうなる前に適切な処置を受けて、簡単な治療で済ませるように、早めの受診をお勧めいたします。

 

恵比寿西口デンタルクリニックでは、歯を含む口腔領域のトータルケアをご提供いたします。

03-6277-2150

 

 

歯肉の漂白 ピーリング ピンク色の歯茎へ

30代 男性 喫煙者

歯肉の色が黒ずんでいることを気にして御来院されました。

タバコを吸うと歯肉にメラニン色素が沈着致します。

【術前】



 

このような歯肉は、先天的にも見られます。

治療の仕方は簡単です。

炭酸ガスレーザー治療か、薬液によるピーリングです。

両方ともにメリット、デメリットがありますが、今回は薬液を選択いたしました。

【術中】



 
痛みはほとんど無く、処置も15分くらいで終わります。

1週間後に来院された状態が下の写真です。

 

【術後】



 

お口のトータルビューティを、一緒に考えていきましょう。

03-6277-2150

ホワイトニング + オールセラミッククラウン

40代の女性で、歯の黄ばみと前歯の歯茎の境目が黒いことが気になり、

御来院されました。

術前



 

術後



 



 
拡大すると、より精密に仕上がっていることが分かりますね。

現在、この患者様は歯並びも改善したいとのことで、矯正治療も開始されました。

ますます口元が綺麗になっていきますね。

審美・矯正・インプラント、歯周病・虫歯、なんでもご相談ください。

03-6277-2150

 

 

 

前歯の矯正(セラミック編)

前回のブログに書いたように、歯並びを改善する方法には様々あります。

今回は、単純な歯列不正の場合、セラミックを被せることで改善できる例をお伝えします。

 

下記の患者様ですが、前歯2本が斜めを向いていて色も気になるとのことで

セラミックを被せて歯並びを整えることにしました。

術前↓↓



 

前歯2本が斜めに傾いてるのが分かりますでしょうか?

また右側の前歯の色が茶色いのが気になります。

 

この場合の治療方法としては、

①全ての歯にワイヤーをつけて矯正をする方法

②前歯だけ(犬歯から犬歯まで)ワイヤーをつけて矯正する方法

③前歯2本セラミック冠を被せて歯並び、色を改善する方法

(歯のバランスがとりやすく、左右対称性がとれ、審美的な完成度が高くなる)

④前歯1本(右側だけ)セラミック冠を被せ、左の前歯を形態修正をする方法

(左の歯の形をほとんど変えられないため、審美的な完成度は低くなる)

 

①と②の方法では、歯を削らずに歯並びは良くなりますが、歯の色は改善しません。治療期間が3~6ヵ月です。

③と④の方法では、歯並びと色が改善しますが、歯を削ることになります。治療期間は2週間程。

 

患者様と相談した結果、④の方法で治療することになりました。

治療方法には必ず、メリット・デメリットが存在します。

また、治療費用・治療期間・審美的要求度合・歯の残っている量・歯肉の状態・歯周病の有無・根の病気‥などにより

治療内容がが増えたり、減ったりします。

 

術後↓↓



 
欲を言えば、歯の正中に対する対称性、歯の大きさ、明度・彩度、色調などなど。。

改善したいところですが、費用・治療期間の制限からこれが落としどころだと思います。

 

 

下記に制限なしで治療した場合の症例を提示します。

術前↓↓



 

治療内容(ホワイトニング・矯正・セラミック冠4本・歯肉整形)

治療期間 3カ月

術後↓↓

 

渋谷区恵比寿の歯医者 歯茎のホワイトニング

こんにちは、
渋谷区の恵比寿一丁目 小島デンタルクリニックの
院長 小島将太郎です。

歯茎のホワイトニングのお話です。

タバコを吸っている方は、歯茎が黒くなります。 下記、喫煙歴20年 20本/日の患者様です。



 
歯茎が真っ黒ですね。 歯はなかなか良い色なのですが、歯肉が黒いせいで、歯も黄ばんで見えます。   下記、歯茎のホワイトニング後です。



 
歯も白く感じます。 簡単な処置で短期間にピンク色の歯茎が蘇ります。 恵比寿でトータル口腔ケアは恵比寿西口デンタルクリニックまで。 03-6277-2150