予防歯科に関して

歯科医師を英語で表現すると、Doctor of Dental Surgery。
口腔内の外科医という事になります。
虫歯は感染を起こし深部に細菌が侵入した場合は削り取るしか、その後の進行を防ぐことは出来ません。
削り取られた歯は、形態が崩れ、咀嚼や発音に多大な影響を及ぼしますので、人工物で形態を回復し、失われた機能を回復させるしかありません。
まさに外科的なアプローチです。

一方で内科的なアプローチがあります。
それは、バイオフィルを除去し口腔内の細菌量を減らし、虫歯や歯周病に感染させず、病気を発症させない方法です。
これがいわゆる、予防歯科になります。
このバイオフィルムが口腔内で起こる細菌感染症によるトラブルの元であります。
ではバイオフィルムとは何かと申しますと、細菌の集合体であり、水で流すくらいでは除去できず、抗生物質も効かない強固なシェルターを作っております。
バイオフィルムは身近な所で目にすることがあります。
それは、キッチンシンク、湯船の排水溝です。
しばらく掃除を怠っていると、ヌメリが出てくると思います。
このヌメリがバイオフィルムです。
ヌメリを除去する為には、強力な洗剤を塗布してしばらく時間を置くか、擦る事で除去できます。
口腔内では、強力な洗剤を使用する事は出来ません。擦り取る事しかできないのです。

ブラッシング、フロッシングが、歯面に付着したバイオフィルムを除去する唯一の方法です。
よく患者様からいただく質問ですが、『歯磨き粉は何を使用すれば良いですか』。
先ほども申し上げましたように、虫歯や歯周病はバイオフィルム感染症です。
バイオフィルムを除去するには、擦るしか無いのです。
一般的に市販されている歯磨き粉に入っている薬効成分は、確かに有効なものもあります。
しかし目的を明確にして使用されることをお勧めいたします。

例えば、虫歯を予防したいのであれば、まずバイオフィルムを除去するためにブラッシング、フロッシングを行い、歯を強くする効果のある薬剤入りの歯磨き粉を使用すると良いのではないでしょうか。

ただし、実際に薬の効果が出る量と時間を口腔内に維持させることは大変困難な事だと感じます。
やはり第一に大切な事は、細菌が生息できない環境をつくる事が現実的で、効果が出やすいのです。
虫歯は、ある特定の環境下になった時に、酸を発生させ、歯牙を溶かし始めます。
この特定の環境を作らなければ、例え虫歯菌が存在したとしても活動できないわけですから、歯には何の悪影響も及ぼしません。
我々のクリニックでは必ず定期検診を受けていただき、プロの歯面清掃をさせていただく事をお願いしております。
患者様がご自身の歯を守りたいと強く思う事から、予防歯科は始まるのです。

ご自身でご自身の歯を守るためには、正しい知識が必要です。

それでは当クリニックのメディカルトリートメントモデルに
沿った、予防プログラムをご紹介します。

  • レントゲン撮影(パノラマレントゲン、デンタルレントゲン、バイトウィング)
  • 歯周病検査
  • 唾液検査(虫歯用唾液検査、歯周病用唾液検査)
  • 口腔内写真撮影
  • 筋の緊張検査
  • 顎関節診断
  • 不定愁訴確認
  • 顎運動検査

上記の検査は必要に応じて行い、患者様個別のリスク評価を行います。

次に実際の治療手順を下に示します

  • タイプ別現状説明

    虫歯リスクのある方  歯周病リスクのある方  噛み合わせに問題のある方
    リスクが混合している方

  • 初期治療

    プラークや歯石が付着している場合は、取り除いていきます。
    その治療により、患者様の歯肉は改善してまいります。同時に大切なことは、患者様ご自身で口腔内をケアできるようになることが最も大切になって参ります。
    口腔の健康を保つために、我々歯科医療従事者が出来ることは、ほんの数パーセントに過ぎません。口腔ケアのほとんどは、患者様ご自身で行う事しか出来ないのです。

  • 再評価

    歯石の取り残しが無いか、歯肉の炎症は取れているか、確認してまいります。
    また患者様ご自身で口腔ケアができるようになっている事がとても大事です。
    今後の方針に関してのカウンセリングを行います。初診時の状態より口腔内の状況はかなり改善し、患者様の口腔内に対する意識も変化してきている状態ですので、ここで改めて現在の状態説明と、今後必要な治療を説明いたします。
    患者様の御意向を聞かせていただきたいと思います。

  • 治療

    必要な処置をさせていただきます。

  • 治療終了後より、定期検診に入ります。

    定期検診にてバイオフィルムの除去を行い、細菌感染しにくい口腔内を保っていただく事で、年々、虫歯や歯周病にかかりにくい状況になっていきます。

初めての方でもお気軽にご相談ください