ラミネートベニアについて

ラミネートべニアとは、歯にセラミックスを張り付けて、審美性を改善したり、咬合(かみ合わせ)を改善させる治療時に使用する薄いセラミックス治療の事です。
歯の構成成分は表層にエナメル質、内層に象牙質、歯髄が存在します。

歯科治療における修復・機能回復時には象牙質または、歯髄まで削ってしまう場合が多いのですが、ラミネートベニア修復における形成量はエナメル質内で行います。
よって麻酔は必要なく、痛みを感じることなく形成を終えることが出来ます。
他のセラミックス修復治療の中で最も、低侵襲と言えます。
(知覚が過敏な方で稀にしみる方がいらっしゃいますが、その場合は麻酔をさせていただきます。)

ラミネートべニアのメリットは、下記の通りです。

  • 歯の削除量が少ない事
  • 歯の形を理想的に変化させることが出来る
  • 歯の色も変化させられる

適応症に関しては下記の通りです。

  • 歯が残っている事
  • かみ合わせに問題が無い事
  • 歯の色が悪すぎない事

ラミネートベニアは、薄いセラミックスを言葉通り、歯に貼り付けます。
よって元の歯の色を完全に遮断することなく、透過してしまいます。
これはメリットでもありデメリットでもあります。
他の歯の色調を再現し、理想的な白さにラミネートを作成する為には、技工士(歯を作る専門職)の力量に左右されるところが多いです。
技術力の高い技工士なら、様々な知識とテクニック、最新の材料を駆使し、色を自在に操ることが出来ます。
当クリニックは、そのような技工士と共同で治療を進めております。

下記に大変に難しい症例でしたが、患者様の希望を重視し、困難を乗り越え治療を終えた症例をご紹介いたします

患者
女性
主訴
審美障害

歯にあまり負担を掛けずに見た目を改善していく為に、ラミネートべニアにて修復を行いました。
ガミーフェイスでもあったため、異常に増殖してしまっている歯肉を切除し、歯肉を形成します。
外骨症も併発されていましたので、骨整形も同時に行いました。
その後、歯肉がリモデリングを起こし、成熟するのを待ち、ラミネートべニアの製作に取り掛かります。
ここで、技工士とのコミュニケーションがとても大切になって参ります。
まず、歯の削除量を決め、技工士に形成用ジグを作成してもらいます。
これを元に、実際の患者の歯牙を削合していきます。
無駄に多く削りすぎることを避ける為です。
その後、シェード(色)を決めていきます。
この色決めがとても難しいところです。
患者さんの希望が現実的でない場合や、元の歯が黄色い場合ラミネートの特徴である色の透過性により、黄色味を反映させてしまう事、歯の削除量が少ないが故にセラミックスに色を付けにくい事。
当たり前ですが、患者さんも、技工士も歯科医師も、皆人間です。
機械ではないので、全てがベストのコンディションの時は無く、そこをスリ合わせていく事が一番難しいところかもしれません。

次に実際の治療手順を下に示します

  • まず支台歯(セラミックスを張り付ける歯の事)を忠実に再現した形成後の人工歯を作成いたします。
  • 次に、その人工歯にセラミックス(ラミネート)を試適し、歯の色が患者様のご希望の色になっているか確認いたします。
  • 問題が無ければ、艶焼きをして完成させます

今回は実際に口腔内で試適し、患者様に確認してもらったところ、もっと白い方が良いとのことで、再度、作成しなおしました。
今後は夜間のブラキシズム(歯ぎしりや食いしばり)でセラミックスが破折する可能性がある為、ナイトガードを装着していただきます。
ナイトガードとは、マウスピースに似ており、夜間のみ使用していただくものです。
ここまでお読みいただけると、いかに繊細な仕事の積み重ねと多くの人間が携わり、多大な情熱があって初めて、薄くて美しく機能的で、患者様の満足するセラミックスが作られているかお分かりいただけると思います。
ラミネートベニアを審美治療に取り入れることは大変メリットが大きいのですが、外力に対しては脆弱である事を最後に申し加えておきます。

初めての方でもお気軽にご相談ください