保険診療に関して

歯科治療には保険診療と保険外診療(自由診療、自費診療)があります。
保険治療は通常の治療に関しては、ほぼ問題なく網羅しています。
例えば、虫歯治療、歯周病治療など歯や歯茎に対する治療や、入れ歯、ブリッジなどの歯のない所(欠損部)に対する治療です。

保険診療には、すべて決まり事があります

例えば銀歯を作る際は、金属の種類、配合量まで決められております。
この保険制度は、国民が一律に一定レベルの医療行為をどこにいても、受診できることができるというメリットがあります。

一方である一定の治療は可能ですが、患者様の抱える複雑な問題に関しては、対応しきれない場合があります。
例えば、歯周病の方で重度に歯槽骨破壊が進行している方がいらっしゃいます。
保険診療の範囲の治療だけでは対応できず、歯周病(歯槽骨の破壊)の進行を防ぐことが困難な状況があります。

その場合、保険適応外の治療になりますが、薬物療法を行い内科的にも治療を進めていった方が、治りやすくなります。
また、奥歯の歯が無くなってしまって噛むことが困難になっている方がいらっしゃいます。
保険診療では、入れ歯を装着していただく事になるわけですが、どうしても入れ歯が合わない方もいらっしゃいます。
その場合はインプラント治療をされると快適に過ごすことが出来るようになります。
また水平的に歯が割れてしまった場合は、保険診療では抜歯になります。

なぜならこの場合、保険診療の中では歯を残す治療法がないからであります。
もし歯を残す治療法を選択するのであれば、自費診療である矯正治療と歯周形成外科で施術すれば歯を保存する事が出来ます。
このように上記の治療法は一例ですが、他にも様々な状況と治療法があります。
歯を残した歯を残し患者様に健康な生活を送っていただく為であり、QOL(生活の質)の向上が目的であります。
保険診療だから、良い治療が出来ないわけではありません。
自費治療だから、良い治療が出来るわけではありません。
患者様の口腔内の状況、歯の状態、全身の健康状態などにより、適切な治療法が異なるわけであります。
その治療法が、保険診療に適応されているか、そうでは無いかだけの話です。
当クリニックでは、患者様にとって最適な治療法、(最適な治療法とは、歯治療介入時期、治療介入程度、患者様の理解度、患者様の置かれている環境、歯の保存状態、歯のポジション、口腔清掃状態、全身状態など)をご提供できるように日々研鑽・精進しております。

患者様にとって、良き医療とは何か、一緒に考えていきたいと思っております。

初めての方でもお気軽にご相談ください