デンタルブログ

渋谷区恵比寿の歯医者 虫歯になりにくい歯にするために

こんにちは。

渋谷区恵比寿一丁目 小島デンタルクリニックの院長、小島将太郎です。

前回は虫歯になりやすい人となりにくい人の違いについて書きました。

今回は虫歯になりにくい歯になるために,どういうことに気を付ければよいかについて書きますね。

1.規則正しい食生活をしましょう。

口の中を中性に保つ時間を長くできるように、なるべく間食を控えましょう。

口に食品をいれると、甘いものではなくても口の中が酸性になってしまいます。

これは虫歯菌の仕業で、糖分を栄養分にして活発に酸を放出しています。

この酸により、歯が溶ける現象が『虫歯』なのです。

 

糖分というと砂糖をイメージしますが、他にも麦芽糖、ブドウ糖、果糖など、様々な形で存在しております。

特に甘いものを食べても問題ありませんが、

間食として食べるのではなく、食後のデザートとして食べると良いでしょう。

なぜなら酸性になる時間を短くできるからです。

食後にブクブクうがいをすることも虫歯予防には大切です。

2.口の乾燥を防ぎましょう。

唾液には、酸性に傾いた口の中の環境を、中性に戻す働きがあります。

これを緩衝能と言います。

よってストレスや緊張は唾液の分泌が減少してしますと、虫歯になるリスクが増加します。

心身共にリラックスすることで、唾液の分泌量を正常に維持しましょう。

 

口呼吸をする癖のある方は、口が乾燥しやすくなります。

耳鼻科を受診するなどして、改善するようにしましょう。

3.正しい歯磨きの仕方を身につけましょう。

力を入れすぎず、一本一本時間をかけて丁寧に磨くことが大切です。

特に寝る前は意識してしっかり磨きましょう。

デンタルフロスや歯間ブラシを併用するとさらに効果的です。

 

歯磨きの癖は人それぞれで、きちんと磨いていると思っていても、磨き残しがあったりします。

歯並びによっても磨き方は違ってきます。具体的にどのように磨けばよいか、

直接歯医者さんで教えてもらうことをおすすめします。

4.フッ素を取り入れましょう。

フッ素は科学的に証明されている虫歯予防方法です。

北欧は歯科医療の先進国ですが、当然のように使用されています。

フッ素は、歯医者さんで塗布することができます。

また、普段使っている歯磨き粉をフッ素入りのものにしてもフッ素の効果が得られます。

フッ素の成分が洗い流されないように歯磨き後のうがいは軽めにするようにしましょう。

フッ素洗口剤を使うのも良いでしょう。

5.歯の定期検診を受けましょう。

 

定期的に歯医者さんで検診を受けることで、初期の虫歯を早期発見することもできますし、

歯磨きのアドバイスももらえます。

またセルフケアのみで、虫歯菌の量を減らすには限界があります。

プロのケアと併せて行う事で、口腔の健康は保たれます。

 

食生活の見直しや、正しい歯磨きの仕方など、日常生活で気を付けていれば

虫歯になりにくい歯にすることができます。

 

虫歯予防に関して相談があれば、お気軽に無料メール相談、またはお電話下さい。

お電話の場合、空いたお時間に20~30分程度の無料相談も受け付けております。

 

東京都渋谷区恵比寿1-7-11 吉原ビル2階

恵比寿一丁目 小島デンタルクリニック

03-6277-2150

http://www.ebisu-west.com/

恵比寿1丁目交差点のビル2階、恵比寿駅から徒歩3分の歯科医院です。

初めての方でもお気軽にご相談ください