デンタルブログ

渋谷区恵比寿の歯医者 セラミックに関して

こんにちは。

渋谷区恵比寿一丁目 小島デンタルクリニックの院長、小島将太郎です。

虫歯治療をしたときに、詰め物の説明をされ、

セラミックにするか、銀歯にするか迷ったことはありませんか?

セラミックに興味はあるけど、高いので結局銀歯を選んでしまったということもあると思います。

銀歯は口の中で目立ったり、虫歯になりやすかったり、

金属アレルギーの人は使えなかったりというデメリットがあります。

今回は詰め物をセラミックにするメリットについて書きますね。

 

セラミックのメリット

 

1.審美性が高い

セラミックは透明感のある素材なので審美性が高く、天然の歯と同様の美しい仕上がりにできます。

変色もしにくく、周りの歯と調和した自然な仕上がりを維持できます。

銀歯のように目立つことはありません。

2.虫歯になりにくい

銀歯は劣化すると、くっついている歯との間に隙間ができ、そこから虫歯ができやすくなります。

セラミックは歯と密着しやすく、劣化しにくいので、隙間から虫歯になる心配がありません。

3.歯茎が黒くならない

銀歯を入れると金属が次第に溶け出して、歯茎が黒くなってしまうことがあります。

人によっては金属アレルギーを起こす人もいます。

セラミックは溶け出す心配はありません。

4.汚れがつきにくい

銀歯の表面は小さな傷がつきやすく、その傷の中に細菌が詰まってしまいます。

歯を磨いても、傷の中の細菌は取れません。

セラミックは銀歯と比較すると汚れがつきにくく、

また傷がつきにくいように表面をコーティングしてあります。

5.精度が高い

銀歯は手作業で作るので、誤差が生じ、歯と金属の間に隙間ができてしまう可能性があります。

隙間があると、汚れがたまりやすく、そこから虫歯になってしまいます。

セラミックはパソコン上で作った形を機械で作成するので、誤差がほとんどなく、

ぴったりと隙間なく合わせることができます。

 

セラミックにするメリットはたくさんありますが、注意する点もありますのでご紹介します。

1.費用が高い

セラミックは保険外診療のため、費用が高くなります。

しかし、審美性が高く、劣化もしにくく、虫歯になるリスクが低いことを考えれば、

費用は高いですがメリットが大きいと言えます。

2.欠けたり割れたりすることがある

 

セラミックは陶器と同じ素材でできているので、

汚れがつきにくく劣化しにくいというメリットがある一方、

強い力が加わると欠けたり割れたりすることがあります。

食いしばりや、歯ぎしりをしてしまう人は注意が必要です。

しかし、ナイトガードというマウスピースを就寝中につければ、セラミックを守ることができます。

最近では、セラミックの材質に強度が加わっているので、

欠けたり割れたりすることも少なくなりつつあります。

セラミックにも種類があり、用途にあわせた材質を選ぶことが出来ます。

 

セラミックに関して相談があれば、お気軽に無料メール相談、またはお電話下さい。

お電話の場合、空いたお時間に20~30分程度の無料相談も受け付けております。

 

東京都渋谷区恵比寿1-7-11 吉原ビル2階

恵比寿一丁目 小島デンタルクリニック

03-6277-2150

http://www.ebisu-west.com/

恵比寿1丁目交差点のビル2階、恵比寿駅から徒歩3分の歯科医院です。

 

初めての方でもお気軽にご相談ください