デンタルブログ

渋谷区恵比寿の歯医者 歯周病②~治療、メンテナンス

こんにちは。

渋谷区恵比寿一丁目 小島デンタルクリニックの院長、小島将太郎です。

前回は「セルフケア」について書きましたが、それだけでは不安という方、

または歯周病が悪化してしまった方のために、

今回は歯医者さんで行う治療について書きますね。

 

歯周病の治療の流れは、大きく分けて、

歯周基本治療、歯周外科治療、口腔機能回復治療、メンテナンスに分かれます。

 

<歯周基本治療>

歯周病の進行の程度にかかわらず、初めに行われる基歯周本治療は、

原因である歯垢および歯石の除去、歯の根の面の滑択化、噛み合わせの調整などです。

 

・スケーリング

 

「スケーラー」と呼ばれる器具を使って、

歯磨きだけでは取り除けなかったプラークや、歯石を落としていきます。

歯茎の下の見えない歯石も、同様に除去していきます。

スケーリングは歯周病の基本的な治療方法であり、予防にも効果的です。

現在では、超音波を使って歯石を除去する方法などもあり、痛みは殆どありません。

 

・ルートプレーニング

 

歯石の付いていた歯の根の表面には細菌からの毒素がしみこんでいたり、表面に溝ができたりしています。

それを除去して滑沢で、きれいな歯根の表面を作ります。

 

・噛み合せの調整

歯の安静を保つために、過度に強く当たっている歯を削るなどして、全体の噛み合わせが万遍なく当たるように調整を行います。

 

<歯周外科治療>

歯周基本治療をしても、歯石がポケットの深いところに入り込んでいて除去できず、

治っていない場合には外科的治療を行います。

・フラップ手術

歯茎を切開して、中にたまっているプラークや歯石を取り除く手術です。

フラップ手術では、歯周ポケットの奥深くまでしっかり掃除することができ、

悪化した口内環境をリセットすることができます。

しかし、治療の前よりも歯茎は下がりますので、審美的に問題のある部位(前歯など)には慎重な診断が必要です。

・歯周組織再生療法(GTR法、エムドゲイン法)

通常の歯周治療では、失われた歯周組織を元通りの状態に戻すことはできません。

GTR法、エムドゲイン法により、歯周組織を元通りにします。

GTR法とは、歯周外科手術で歯茎の中を清潔にしたあと、

メンブレンという保護膜で歯周組織を保護し、組織の再生させる方法です。

エムドゲイン法とは歯周外科手術で歯茎の中を清潔にしたあと、

細胞増殖因子となるエムドゲインのゲルを塗り、歯が生えてきたときと同じ状態を再現する方法です。

エムドゲイ法は保険外治療となるので、費用は実費となります。(当医院では、1ブロック¥50000)

<口腔機能回復治療>

治った歯に対して、かぶせ物、ブリッジ、入れ歯を装着して、噛む力、食べる力を向上させます。

しかし、機能回復をするためには、患者様ご自身が、ご自身の病態を理解していただき、大切に歯を使う気持ちが大切です。

 

<メンテナンス>

 

メンテナンスは、歯周病の治療が終了した後で、健康な状態を保つための定期的な治療のことです。
メンテナンスでは、毎日のブラッシングがきちんとできているかのチェックや、

歯石の除去を定期的に行います。

歯周病は再発しやすい病気(生活習慣病)なので、毎日のプラークコントロールとメンテナンス(プロのケア)がとても大切です。

 

 

歯周病に関して相談があれば、お気軽に無料メール相談、またはお電話下さい。

お電話の場合、空いたお時間に20~30分程度の無料相談も受け付けております。

 

東京都渋谷区恵比寿1-7-11 吉原ビル2階

恵比寿一丁目 小島デンタルクリニック

03-6277-2150

http://www.ebisu-west.com/

恵比寿1丁目交差点のビル2階、恵比寿駅から徒歩3分の歯科医院です。

初めての方でもお気軽にご相談ください