デンタルブログ

審美セラミック治療 (オールセラミック)

今回は、セラミック治療のなかでも、全てセラミックで製作した症例をご紹介いたします。
患者様は50代の女性です。前歯2本のみセラミックで修復しています。
一般的に、歯は年齢とともに黄色くなってまいります。適正な加齢変化なのですが、最近ではホワイトニングなどで、周囲の歯を白くし、その色に合わせて、セラミックの色を決める場合があります。

この際に注意しなければならないところは、ホワイトニングは永久に白さを保てないということです。
後戻りを必ず起こすのです。

やみくもに、真っ白な歯を入れていますと、後々自然観が損なわれ、違和感が出てまいります。
患者様の将来も考え、審美的にも良き状態を保つためには、その方が元々持っている美を最大限に引き出し歯肉の色と歯の色、形の調和を取ることが、本当の審美治療だと考えています。

下記、術前の状態です。

真ん中2本の歯が、以前、他院にて治療を受け、セラミックがセットされています。
今回は、患者様の年齢、歯肉の色、皮膚の色などを鑑みて、ホワイトニングはせず、より自然観を出すことと致しました。

下記 術後の写真です。

ご自身でブラッシングのしやすい、歯茎の形にしております。
今後は歯肉も健康な状態で過ごされることと存じます。

初めての方でもお気軽にご相談ください