デンタルブログ

前歯の矯正(セラミック編)

前回のブログに書いたように、歯並びを改善する方法には様々あります。
今回は、単純な歯列不正の場合、セラミックを被せることで改善できる例をお伝えします。

下記の患者様ですが、前歯2本が斜めを向いていて色も気になるとのことでセラミックを被せて歯並びを整えることにしました。

術前↓↓

前歯2本が斜めに傾いてるのが分かりますでしょうか?
また右側の前歯の色が茶色いのが気になります。

この場合の治療方法としては、

①全ての歯にワイヤーをつけて矯正をする方法
②前歯だけ(犬歯から犬歯まで)ワイヤーをつけて矯正する方法
③前歯2本セラミック冠を被せて歯並び、色を改善する方法
(歯のバランスがとりやすく、左右対称性がとれ、審美的な完成度が高くなる)
④前歯1本(右側だけ)セラミック冠を被せ、左の前歯を形態修正をする方法
(左の歯の形をほとんど変えられないため、審美的な完成度は低くなる)

①と②の方法では、歯を削らずに歯並びは良くなりますが、歯の色は改善しません。治療期間が3~6ヵ月です。
③と④の方法では、歯並びと色が改善しますが、歯を削ることになります。治療期間は2週間程。

患者様と相談した結果、④の方法で治療することになりました。
治療方法には必ず、メリット・デメリットが存在します。

また、治療費用・治療期間・審美的要求度合・歯の残っている量・歯肉の状態・歯周病の有無・根の病気‥などにより
治療内容がが増えたり、減ったりします。

術後↓↓

欲を言えば、歯の正中に対する対称性、歯の大きさ、明度・彩度、色調などなど。。
改善したいところですが、費用・治療期間の制限からこれが落としどころだと思います。

下記に制限なしで治療した場合の症例を提示します。

術前↓↓

治療内容(ホワイトニング・矯正・セラミック冠4本・歯肉整形)
治療期間 3カ月

術後↓↓

初めての方でもお気軽にご相談ください