デンタルブログ

再生療法(骨・インプラント編)

再生療法と言えば、京都大学の山中伸弥教授が開発したiPS細胞がマスコミでも取り上げられ、
世界中で開発・実用化へのスピードが激しさを増しておりますが、歯科の治療の中で
無くなった骨や歯肉(歯茎)を再生させる技術もかなり進んでおります。

骨や歯肉を再生させることで、今まで抜くしか選択肢の無かった歯を残すことができたり、
見た目を改善したり、入れ歯を噛みやすくしたり、他医院では不可能なインプラントが可能になります。

今日は、骨が無くなったところに骨を再生させて、インプラントを埋入したケースをご紹介します。

・患者さま   20代 女性
・主訴     『奥歯で噛めるようにしてほしい』

治療前  2・3か月前、他院で抜歯した状態

↓↓

治療中  歯肉を開いてみたら、骨が全くありません

↓↓

インプラントを入れ(10万円)、人工骨を入れていきます(GBR:3万円)

↓↓

約3か月後 歯肉を開くと骨が出来ています(2次OPE:5万円)

↓↓

治療前 レントゲン(骨がほとんど無くなっています)

↓↓

治療後  レントゲン(骨が再生され、インプラントも適正な位置に植立されています)

↓↓

この後、レントゲンに映っているインプラント本体の上に、セラミックなどで作った歯を入れていきます。

これで何でも美味しく噛めるようになります(^_^.)

 

(治療期間)  約5か月
(治療費)  骨の再生療法(GBR) 3万円   インプラント埋入手術  10万円

インプラント2次手術  5万円    人工の歯(上部構造)  8万円~

総額  26万円~

ちょっとブレていますが、山中伸弥教授(京都大学 iPS細胞研究所・所長)とパチリ

↓↓

京都大学 iPS細胞研究所

http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/research/yamanaka_summary.html

IPOI近未来オステオインプラント学会(院長 学会認定医)

http://ipoi.biz/nintei/kanto/tokyo.php

初めての方でもお気軽にご相談ください