デンタルブログ

仮歯(テンポラリークラウン)の重要性

最終的に歯が入る前に、仮歯を入れることが有りますよね。
なぜさっさと、最終的な歯を入れないで、仮歯を入れているのだろう・・・??
疑問に思われたことは、ありませんか。

実は、この仮歯を入れている期間に歯茎の調整をしたり、噛み合わせの調整をしたり、
歯形のチェックを行っています。

とても重要な過程なのです。
仮歯を入れた場合と、入れてない場合では歯茎の成熟具合が変わってきます。
下に一例を提示いたします。

主訴:正中離解(歯と歯の間が空いている)

①まず最初の仮歯

②2つめの仮歯

これで歯肉の状態・噛み合わせ・形をチェックします。
細かい形態の修正点を技工士に伝え、最終の歯を作成します

③最終の歯をSETします

いきなり最終的な歯をSETしてしまってから、様々なことを変更するのは大変です。

患者様の大切な時間を無駄にしてしまいます

仮歯で、日常生活で起こりうる可能性のあるトラブルと、審美的な要件を
確認し、修正を加えていきます。

仮歯の重要性をご理解いただけましたでしょうか。。。。

初めての方でもお気軽にご相談ください