デンタルブログ

バイオフィルム感染症

こんにちは

恵比寿西口デンタルクリニック の院長 小島将太郎です。

本日は、バイオフィルム感染症についてコメントさせていただきます。

医療技術の向上は日進月歩であり、日々、様々な技術や医薬品が開発されてることは

皆様の周知の事と存じます。

では、なぜ虫歯や歯周病は無くならないのでしょうか。。。。??

遺伝子レベルで、様々な抗菌剤の開発も行われているはずです。

『虫歯菌や歯周病菌に効く特効薬がなぜ存在しないのか?』

疑問に感じたことはありませんか?

実は、歯周病菌や虫歯菌に効く抗菌薬は存在するのです!!!

歯科の研究室で培養した各種の歯周病の原因菌に対して抗生物 質を作用させると、顕著な効果が認められました。

 

しかし実際の臨床試験(お口の中)では研究室での成果とは違って、歯周病の急性期以外は抗生物質があ まり効かなかったのです。

 

これは、お口の中ではバイオフィルム(細胞外マトリックス)が存在し、この強固なシェルターにより細菌たちは守られている為、抗菌薬でも唾液中の免疫細胞が一生懸命働いていても、歯周病や虫歯に罹患することがあるのです。

では我々は、どのようにして強固なシェルターに守られ約400種の細菌でコロニー(集団)を作り、増殖しつづける細菌たちと、戦えば良いのでしょうか。。。

 

答えは、簡単!

正しい圧力で、適切な場所に歯ブラシを当て、丁寧に毎日の歯磨きを励行することです。

なぜならバイオフィルムは、物理的な力でこすり落とすことが出来るからです。

これがいわゆるセルフケア(自分でできるケア)です。

一方で、歯石や歯根面、また歯ブラシが届きにくい場所のバイオフィルムを除去するには

歯科医院でプロフェッショナルケア(PMTC)を受けるしかありません。

セルフケアとプロフェッショナルケアの両輪があることで、お口の健康は守られていくのです。

なぜ定期的な歯のクリーニング必要なのか、理解できますよね。。。

 

今回は少し難しい内容だったかもしれませんが、是非この事を覚えていただきたいと思います。

皆様のお口の健康が、永続的に守られていくことを切に願います。

 

 

 

 

 

初めての方でもお気軽にご相談ください