デンタルブログ

渋谷区恵比寿の歯医者 インプラントとは~ブリッジ、入れ歯との違い

こんにちは。

渋谷区恵比寿一丁目 小島デンタルクリニックの院長、小島将太郎です。

もし、歯を失ってしまったり、先天的に生えてこない歯があったら、どのようにしたら良いのでしょう。

 

歯が無い場合の一般的な方法として、ブリッジや入れ歯がありますが、

ブリッジでは、ブリッジを支える両隣の健康な歯を削らなければならない、

入れ歯では、固いものが噛みにくい、すぐ外れるといった欠点があります。

インプラントにより、これらの欠点は改善されました。

 

インプラントとは、虫歯や歯周病、事故などで歯を失った場合、

また、先天的に歯がない場合、自分の歯の代わりに人工歯根を埋め込み、

人工の歯を装着させる方法です。

 

インプラントは、自分の歯のように噛むことができ、

乳歯、永久歯に続く「第3の歯」とも呼ばれています。

 

インプラントとブリッジ、入れ歯の比較(メリット・デメリット)

インプラント

 

<メリット>

・自分の歯と同じような感覚で噛むことができる

・味覚も天然の歯と変わらない

・他の歯を削る必要がない

・見た目には自分の歯と同じように見える

・インプラントは顎の骨に咀嚼の刺激が伝わり、歯を支えている骨が痩せるのを防ぐことができる

・耐用年数が長い(きちんとお手入れすれば、30年くらいもたせることが可能)

<デメリット>

・外科的手術が必要

・治療期間が長くなる

・重度の糖尿病など全身状態が良くない場合には適応が難しい

・定期的に検診を受ける必要がある

・保険適用外のため、費用がかかる

最近外傷や腫瘍等の病気で顎骨を失った場合や、その部位に骨移植をおこなって再建した場合、先天的に歯や顎骨を欠損している場合に限って、インプラント治療に健康保険が適用されることになりました(日本口腔インプラント学会)

 

ブリッジ

 

<メリット>

・見た目の違和感は少ない

・保険でも治療できる

(セラミックを使用すればさらにきれいな仕上がりになるが、保険適応外)

・噛み心地は、支える歯に問題なく、適切に作成されていれば、天然の歯とそれほど変わらない

・味覚は天然の歯と変わらない

<デメリット>

・健康な歯を削らなければならず、将来的にその歯を失うリスクを高める

・支えになる歯の負担が大きい

・削った歯が虫歯になってしまうと全てやりなおさなくてはならない

・歯の抜けた部分の骨が痩せていくことがある

・発音がうまくできない場合もある

 

入れ歯

 

・たくさん歯を失った場合にも対応できる

・健康な歯を削らなくても良い

・多くの症例に適応できる

・保険治療ができる

<デメリット>

・噛む力が弱く、固いものが噛みにくい

・がたつきやすい

・違和感を感じる

・熱を感じにくいため、味を感じにくい

・部分入れ歯は、入れ歯の両側にある歯ばねを掛けるため、ばねをかけた歯への負担がかる

・ばねを掛けた歯がぐらつき始めると、その歯も抜かなければならない

・歯の抜けた部分の骨が痩せていくことがある

・発音がうまくできない場合もある

・取り外してこまめな手入れが必要

 

インプラントに関して相談があれば、お気軽に無料メール相談、またはお電話下さい。

お電話の場合、空いたお時間に20~30分程度の無料相談も受け付けております。

世界インプラント学会(ICOI学会)認定医の院長が担当致します。

 

東京都渋谷区恵比寿1-7-11 吉原ビル2階

恵比寿一丁目 小島デンタルクリニック

03-6277-2150

http://www.ebisu-west.com/

恵比寿1丁目交差点のビル2階、恵比寿駅から徒歩3分の歯科医院です。

 

初めての方でもお気軽にご相談ください