セラミックインレー

インレーとは、虫歯などの範囲が狭く一部実質欠損(欠けている状態)が存在する場合に、一部の歯牙を覆う被せ物の事言います。
現在の保険診療は、疾患を予防する為に処置を行う事はできず、病気が発症してから、それに対して行われる処置に対し、保険診療が適用になります。
要するに、病気になってから治療をする為、病気を予防する為の医療行為は出来ないのです。
いわゆる対処療法ですので、このやり方では何回治療しても、何度通院しても、虫歯は完治いたしませんし、繰り返し虫歯が出来ることになります。

日本の医療制度、大きな問題点であります。
先進諸国では珍しく、日本国民の口腔内には、銀歯がたくさん埋め込まれております。
こういった現実を何とか改善させる為に、当クリニックでは虫歯や歯周病を発症させないための、予防歯科に真剣に取り組んでいます。
一方で、もうすでに虫歯に罹患して、穴が開いてしまっている方、以前の歯科治療によりインレーが埋め込まれている方がいらっしゃいます。
この場合は治療をし機能回復させなくてはなりません。

また保険診療で使われている金属はパラジウム合金です。
歯牙が受けているストレスは大変に大きいです。
理由は、口腔内は絶えず多湿で、咀嚼や歯ぎしり、食いしばりにより、強い力を受け続けています。
またプラークコントロールが悪い場合は、細菌が発生する酸によって絶えず酸性の環境下に晒されています。このような環境下でパラジウム合金はどのように変化してしまうのでしょうか。
経年的に、金属イオンに変化し、絶えず口腔内に沁みだしています。
その沁みだした金属イオンは唾液とともに体内に蓄積されていきます。

皆様はアレルギー性鼻炎の事を聞いたことがあると思います。
一般的には体内で処理できるアレルギー性物質(花粉やハウスダストなど)が閾値を超えたとき、症状として表れて参ります。
金属アレルギーも同じです。
金属アレルギーを発症し、皮膚科で診査してもらっても原因が分からないことがあるのですが、実は口腔内に昔からある金属(保険診療で使用するパラジウム合金)がアレルギーの原因になっていることが最近の研究で分かってまいりました。
我々歯科医療従事者の口腔内にはパラジウム合金は皆無と言ってもよいと思います。
なぜならその金属の危険性を知っているからです。

それでは不幸にも歯に実質欠損(穴が開いたり、掛けている状態)が認められた場合に何の材料を使用して、修復し、機能回復させたらよいのでしょうか。
今のところ、身体にとって為害性の少ない材料で、コンセンサスが得られているのは、金(ゴールド)、若しくは、セラミックです。

金にも純度により様々な硬度がありますが、ほぼエナメル質に近い硬度を有し、体内に摂取されたとしても問題ない材料とされています。
(昔から料理に金粉がはいっているのをよく見かけます)
金は修復物の材料としては、最適なのですが色が現代の人々の感覚に合わないのが残念な所です。
特に恵比寿周辺にお住いの方々は、審美的な意識が高く、金色は受け入れ難いのかもしれません。

当クリニックでよく使用される材質は、審美性に優れ、体への負担の少ないセラミックであります。

セラミックスの利点を下記に記します

  • 歯と同じ色を再現でき、審美性に優れる
  • セラミックスと歯牙の適合性に優れる為、2次カリエスのリスクを軽減できる
  • 材質によっては、歯より硬いもの、柔らかいものがあり部位により、選択する事ができる

但し、セラミックスは物性が安定しており、体に為害作用の少ない物質ですが、永久的に問題が無いわけではありません。
セラミックスを歯牙に接着する際にセメントを使用します。
このセメントが経年的に劣化し、溶けだし、セラミックスが脱離する事があります。またセラミックスも強い力に、脆弱な特徴があります。
強い力とは、食いしばりや歯ぎしり、硬い物を何かの拍子に噛んでしまった時などです。
この欠点を解消させる為に、ジルコニアという、とても硬いセラミックスを使用する場合があります。
しかしこの硬すぎることが、後々に問題になる可能性があります。
理由は、人間の体は時間とともに変化していくものだからです。
そこに変化しない物質を入れておくことの矛盾は、何かを代償として存在させるしかないのです。
全ての材料にメリットとデメリットが存在しますので、歯科医師とよく話をし、協議し、材質を選んでいただきたいと思います。

施術例

初めての方でもお気軽にご相談ください