オールセラミッククラウン

  • 材料を全てセラミックで作り上げるクラウン(冠)のことです
  • 金属を一切使用しないため、金属アレルギーの方にも問題なく使用できます
  • 生体への負担の少ない材料ですので、歯茎の健康も維持できます
  • 光を透過する性質がある為、自然な歯の色になります

以上のメリットの他にも様々な利点があります。
オールセラミックスは、まさに言葉通り、全てをセラミックスで作成したクラウン(冠)の事を言います。
その中にはセラミックのなかでも最強度を誇る、ジルコニアでフレームを作成し、その上にセラミックスを高温で熱処理し焼き固めたものや、イーマックスオールセラミックスのようにジルコニアに比べると強度は劣りますが、光の透過性がよいセラミックスもあります。
その他には単色のセラミックスもあります。
どの材料を使用するかは、費用、支台歯の色、歯のポジションにより変わります。

  • 特に前歯で、審美性が求められる場合。
  • 奥歯で審美性はそれほど求めないが、白くて丈夫なものを求める場合。
  • 支台歯の色、(支台歯とはクラウン(冠)を被せる土台の事です)その色が黒ずんでいたり、黄色く変色している場合。
  • もともとの患者様の歯に透明感がある場合。
  • もともとの患者様の歯の表面性状に特徴がある場合。

人は生理現象として歯ぎしりや、食いしばりをしております。

  • その際に、ガイドとなる歯や、垂直的な咬合圧がかかる歯の場合。
  • プラークコントロールが上手にできない場所にある歯の場合。

等々、様々な要因が単独でまた、重なり合いながら存在します。
また人工物が一生問題なく、患者様の寿命より長く口腔で変化せずに存在し続ける事自体が、人間の加齢変化に真っ向から対抗してしまう事になります。
よって材料を選択する場合は、十分に患者様の希望、生活習慣、食生活、口腔内の細菌量、唾液の分泌量、年齢、歯に対する考え方などを考え、話し合いながら選択する必要があります。

当クリニックでは基本的には、前歯のセラミックス治療を行う場合のプロトコールを下記に記します。

前歯 ジルコニアフレームの
オールセラミックス
支台歯の色が悪い場合
上下顎咬合が緊密な場合
側方運動時に緩衝している場合
イーマックス
オールセラミックス
支台歯に変色が無い場合
ブラキシズム等悪習癖が無い場合
もともとの患者様の歯に透明感が強い場合
小臼歯 イーマックス
オールセラミックス
色調を再現したい場合
パラファンクションが無い場合
単色オールセラミックス 悪習癖が認められる場合でセラミックスを
希望された場合
保険診療よりも質の良い治療を希望された場合
大臼歯 イーマックス
オールセラミックス
色調再現にすぐれ、適合も良いため奥歯では
最良のセラミック
パラファンクションなど悪習癖が無い場合
単色オールセラミックス 無垢のジルコニアを使用しますので最強度を誇ります。一方で硬過ぎる事が人間の加齢変化の中で、弊害になる事があります。
審美性、適合精度にやや劣ります。
費用を比較的抑えること出来ます。

施術例

初めての方でもお気軽にご相談ください